【必見の世界遺産】レドニツェ城とヴァルティツェ城|チェコ(モラヴィア)

レドニツェ城とヴァルティツェ城|チェコ(モラヴィア) チェコ
チェコのレドニツェ城。ヨーロッパの古城

世界遺産として1996年に登録された「レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観」。オーストリアとの国境にも近いモラヴィア地方南部に、レドニツェ城とヴァルティツェ城があります。その2つの城や庭園、周囲の自然などを含めて283平方キロにもおよぶレドニツェ-ヴァルティツェ地区全体が、ユネスコ世界遺産として登録されています。

レドニツェ城とヴァルティツェ城との距離は1キロほどで、ヴァルティツェ城はリヒテンシュタイン家の居城として、レドニツェ城は夏の離宮として使われました。
両城を結ぶようにある庭園も美しいと評判で、オーストリア旅行でおすすめの観光地です。

レドニツェ城(チェコ)の外観

レドニツェ城とヴァルティツェ城の歴史

レドニツェ-ヴァルティツェの歴史は、13世紀にボヘミア王がこの一帯をリヒテンシュタイン家に与えたことから始まります。それ以降数百年にも渡り、リヒテンシュタイン家の領地となりました。リヒテンシュタイン家の歴代の侯爵は、現在のリヒテンシュタイン公国よりも、レドニツェ城とヴァルティツェ城に住むことが多かったそうです。

レドニツェ城は16世紀にルネッサンス様式で建設されました。その後、カレル・オイゼビウス・リヒテンシュタイン侯によって豪華な装飾が施されたとのことです。そして19世紀に12年もの歳月をかけて完成したのが、現在のレドニツェ城。イギリスのウィンザー城をモデルにし、現在のネオゴシック様式のお城となりました。

チェコのレドニツェ城の庭園はヨーロッパでも随一

ヴァルティツェ城は、12世紀に建てられた古城が基礎なようです。モラヴィア地方の最大の城として名をはせています。

その重厚な外観からもすでに相当な迫力を感じることができます。

ヴァルティツェ城(チェコ)の外観

18世紀にレドニツェ城とヴァルティツェ城との間に道が造られ、19世紀初頭にイギリス式庭園も備えられました。レドニツェ-ヴァルティツェの広大な庭園や池や森など、全てが美しく見どころが多い世界遺産です。

レドニツェ城の庭園

レドニツェ城には、バロック庭園とイギリス庭園があります。その整然とされた広大な庭は絶景です。
レドニツェ城館は、レドニツェ=ヴァルチツェ地区の宝石であると同時に、全ヨーロッパのネオゴシック建築の傑作品です。

チェコのレドニツェ城の庭園には、バロック庭園とイギリス庭園があり、ヨーロッパの歴史を感じられる。

レドニツェ城の内部

レドニツェ城内には、見どころが満載です。一本の丸太から作られた芸術的な螺旋階段などの美しい木製装飾や、壮麗で素晴らしいホール。また公爵のスイートルームや王子・王女の部屋など、ヨーロッパの傑作品として評判の古城です。

チェコのレドニツェ城の内装はとても美しい
チェコのレドニツェ城の青の間。ヨーロッパの古城
ヨーロッパでも立派なレドニツェ城(チェコ)

ヴァルティツェ城の内部

ヴァルティツェ城の内部も見どころが多く、赤大理石が使われている「赤のサロン」や、豪華さに圧倒される「舞踏の間」、その他にも装飾が素晴らしい礼拝堂や絵画などがコレクションされており、リヒテンシュタイン家の栄華を象徴する城になっています。

チェコ旅行では必見のヴァルティツェ城の皇帝の間
豪奢なヴァルティツェ城(チェコ)の食卓は観光にオススメ
ヴァルティツェ城(チェコ)の観光スポット

また城内には、バロック劇場や国立ワイナリーセンターもあります。

バロック劇場では、バロックのドレスに身をまとった踊り手が当時のように踊りを披露してくれたり、劇場の舞台裏まで見学することができるようです。風や雷といった効果音を生み出す機械を見ることができると人気のプログラムになっています。

ヴァルティツェ城(チェコ)のバロック劇場は、チェコ旅行で必見

国立ワイナリーセンターは、ヴァルティツェ城の地下にあります。チェコのワインのコンペティションも行われており、その中で評価の高かったものが常時100種類ほど置かれているようです。ワインセラーに並ぶワインを試飲をすることも可能でなようなので、ワイン好きな方におすすめです!

ヴァルティツェ城(チェコ)のワインセラーはヨーロッパでも有名

ガイドツアーに参加すると世界遺産のヴァルティツェ城の内部見学が可能です。赤大理石が使われている「赤のサロン」や、豪華さに圧倒される「舞踏の間」など数々の美しい部屋や、装飾が素晴らしい礼拝堂などを見ることができますよ。

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観の大きさ・広さ

「レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観」として世界遺産にも登録された、レドニツェ-ヴァルティツェ地区の面積は283平方キロにもおよぶそうです。
日帰りではなく、1泊したり、自転車をレンタルして観光するのがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました