カルルシュテイン城は王家の秘宝が眠る美しき古城|チェコ(プラハ)

カルルシュテイン城|チェコ チェコ
カルルシュテイン城(チェコ)は、ヨーロッパ随一の古城

カルルシュテイン城の概要

チェコのプラハ南西にあるカルルシュテイン。そこには王家の秘宝の財宝が保管されたきたお城(Hrad Karlštejn)があります。

カルルシュテイン城はボヘミア王であり神聖ローマ皇帝でもあったカール4世によって建築され、戴冠式で用いられる宝物や聖遺物などの王家の財宝を管理する城でもありました。

数多くあるチェコのお城のなかでも特別な役割を担ったカルルシュテイン城は、チェコ国民にも人気の古城です。オーストリア旅行でウィーンを観光するさいには、カルルシュテインまで足をのばしてみるのはいかがでしょうか?

カルルシュテイン城(チェコ)はプラハ郊外にあります。

カルルシュテイン城の歴史

カルルシュテイン城は14世紀に建造されました。

美しい装飾の他に際立つのが、各建物の重要度によって段階的に配置された城の構成です。城の一番下には「城伯の城」と当時の井戸があり、その上には王の寝室、従臣と貴族の寝室がある二階立ての「皇帝の城」、さらに上の階から祈祷所を付設した聖マリア小塔が上空にのびています。城の最も高い地点には堂々とした大尖塔がそびえており、ここにはボヘミア王家の財宝が保管されていました。ぜひいちど城の一番下から金銀財宝の保管された最上部まで城内を探訪してみてください。

ボヘミア王国と神聖ローマ帝国の戴冠式用の宝石のレプリカ、それに以前は人力で踏み車を動かしていた深さ80メートルの深井戸も見学できます。

チェコ旅行におすすめのカルルシュテイン城観光

カルルシュテイン城の外観・城壁

中世チェコ王国のシンボルであるカルルシュテイン城。

チェコの人々にとって特別な存在として名高く、愛されています

カルルシュテイン城(チェコ)はプラハ観光でおすすめ!

ライトアップされた姿は荘厳。圧巻の古城です!

カルルシュテイン城の内部

内部は、各建物は重要度によって段階的に配置された構になっています。カルルシュテイン城の一番下には「城伯の城」と当時の井戸があり、その上には王の寝室、従臣と貴族の寝室がある二階立ての「皇帝の城」、そしてさらに上階には祈祷所を付設した聖マリア小塔が上空にのびています。カルルシュテイン城の最も高い地点には堂々とした大尖塔がそびえており、ここにボヘミア王家の財宝が保管されていたようです。

また城の聖十字架礼拝堂には宗教画の巨匠テオドリックが描いた板絵が飾られており、全体の荘厳な雰囲気に心を打たれます。

そのほか、神聖ローマ帝国とボヘミア王国の戴冠式用の宝石のレプリカや、人力で踏んで車を動かしていた深さ80メートルの深井戸も見学できるようです。

カルルシュテイン城へのアクセス

住所: 267 18 Karlštejn

プラハからカルルシュテインまでは、電車で30分ほど。駅から城まではバスもなく、40分ほど歩きます。

電話番号+420 311 681 617

カルルシュテイン城(チェコ)へのアクセス

最新情報を保証するものではありませんので、必ずご自身でご確認の上、お訪ねください。

タイトルとURLをコピーしました