【湖の名城】スイスの美しきシヨン城は、レマン湖で最も人気あり!

シヨン城(スイス) スイス

シヨン城|スイス(レマン湖)

シヨン城はスイスで人気の名城

湖に浮かぶようにたたずむ姿が幻想的な古城、シヨン城。スイスで最も人気があり、年間で35万人もの人が訪れるそうです。
スイスとフランスにまたがる三日月型のレマン湖の岩盤の上に建築されました。イギリスの詩人バイロンが、地下牢に幽閉されたボニバールをモチーフに詠んだ「シヨンの囚人」、「シヨン城詩」の舞台としても有名です。
スイス旅行でレマン湖を観光するさいにオススメのスポットです!

シヨン城の歴史| バイロンの詩『シヨンの虜囚』 の舞台

シヨン城は、9世紀にアルプス南北を結ぶ街道の関所として建造されました。もとはシヨン大司教の城でしたが、12世紀にサボワ家の所有に変わり、14世紀初頭に改築されて現在の姿になったようです。
16世紀に、宗教改革推進派のボニバールがサボワ公によって地下牢に幽閉され、それはベルン軍にシヨン城が攻略されるまで続いたそうです。ベルン軍に救出されるまでの6年間、石牢に鉄鎖でつながれたボニバールを題材にしたバイロンの長詩『シヨンの虜囚』が、シヨン城を有名にしました。

スイスのシヨン城はバイロンの長詩『シヨンの虜囚』の舞台

レマン湖のシヨン城(スイス)

タイトルとURLをコピーしました